和ITO イメージ

古典とモダン

皇室デザイナー 伊藤和枝が提案する品々
(訪問着・附下・袋帯・九寸名古屋帯 等)

華やかでありながら、気品漂う衣裳の数々。
上品な古典柄を用い伝統に則りながらもモダンさを加味した瀟洒なデザイン。
生地からこだわり一流染元、織元に製作を依頼。

きものを通じて装う喜びを感じとってほしいと語られています。

デザイナー 伊藤和枝 

伊藤和枝 プロフィール

1970年杉野ドレスメーカー女学院卒業
オートクチュールデザイナー伊藤すま子に師事
1974年結婚後、渡仏
Au Printemps (プランタン)にて研修
1987年KAZ ITO ブランドでデビュー
デビューコレクション後、直営店を東京紀尾井町
ホテルニューオータニ内にオープンする
1989年東京ファッションデザイナー協会(C.F.D)の正規メンバーとなる
1990年秋篠宮妃紀子殿下 ご婚儀衣装 伊藤すま子と共に製作
1993年皇太子妃雅子殿下 ご婚儀衣装 伊藤すま子と共に製作
光文社クラッシー 「フォーマル入門」監修
1994年NHK おしゃれ工房「はじめての洋裁」 出演
1996年婦人画報「ミセスのための12の約束」 連載
1998年皇太子妃雅子殿下 秋篠宮妃紀子殿下 園遊会衣装 製作
1999年秋篠宮妃紀子殿下 東南アジア御訪問 衣装製作
皇太子妃雅子殿下 ベルギー御訪問 衣装製作
2003年皇太子妃雅子殿下 オーストラリア・ニュージーランド
御訪問衣装製作
2004年婦人画報「パリ花紀行」掲載
町田学園デザイン専門学校講師 就任
2005年皇太子妃雅子殿下 名古屋万博御公務衣装製作
株式会社J・I・Fより宝石デザイン Prix Princess 発表
2006年郵便局株式会社
株式会社ゆうちょ銀行
株式会社かんぽ生命保険 ユニフォームのデザイン担当
2007年TIFFANY&CO. ユニフォームのデザイン担当
2010年~この年より、外市株式会社 (京都)秀裳苑展にて毎年、新作きもの発表
和ITO 訪問着・帯他

和ITO 訪問着・帯他

御所解文様に文箱を合わせた訪問着など、その中にモダンさを感じさせるデザインや色の組み合わせ。

和ITO 展示会風景

和ITO 展示会風景

展示会風景より。考え抜かれた繊細さ・優美さにより、コーディネートは和・洋どちらのシチュエーションでも映えます。

和ITO - 薔薇の雫 色無地

和ITO - 薔薇の雫 色無地

伊藤先生がフランスにお住まいの頃から魅せられている、ロイヤルローズをテーマとした品。

独特の色へのこだわりを生かし、バラの花で染め出した五色展開。無地テイストの単衣用,生地はぶどう唐草などの地紋入り。正絹,コート向けとしても使える素材。

メディア掲載

  • 2015年 婦人画報社 美しいキモノ 秋号 キモノ・帯 掲載
  • 2016年 婦人画報社 美しいキモノ 秋号 キモノ・帯 掲載
  • 2017年 婦人画報社 美しいキモノ 秋号 キモノ・帯 掲載
  • 2018年 婦人画報社 美しいキモノ 秋号 キモノ・帯 掲載
  • 2019年 婦人画報社 美しいキモノ 秋号 キモノ・帯 掲載
  • 2020年 婦人画報社 美しいキモノ 冬号 キモノ・帯 掲載
美しいキモノ 2020年 冬号
美しいキモノ 2020年 冬号